PC / 写真チェック

SR600のPC(スタート、フィニッシュ含む)にはスタッフはいません。すべてのPCを通過したことを自分で証明する必要があります。その方法は写真を利用してチェックします。

日本のBRMではコンビニのレシートをPC通過証明にすることがよくあります。BRMでは直前に試走やコースチェックしてPCとなるコンビニを確認しますが、SR600はルート設定時に試走した後は、コースチェックはできませんので、なくなる可能性のあるコンビニをPCにできません。また、ルートは山岳地帯が中心となり、コンビニもあまりありません。そのため、PCに指定した写真ポイントと自転車を一緒に撮った写真を通過証明とします。

苦労して登った峠の頂上で記念撮影することはよくあると思います。SR600 Nihon Alpsを走った思い出に写真を撮ってきてください。

写真は、一緒に走った人の自転車を並べて写しても構いませんが、指定のポイントおよび各自の自転車とフレームバッチがはっきりとわかるように撮影して下さい。出走者毎に写真を撮ることを推奨します。グループで写真撮影したとしても、1人1枚ずつ写真を提出すること。

PCの写真がすべて揃わないと、せっかく完走しても認定申請できなくなります。途中でカメラのバッテリー切れにならないよう注意してください。

SR600走行中は常にブルベカードを携帯して、通過時刻を記入してください。PC通過時刻証明ページをご覧ください。
PC指定場所は写真ポイントページをご覧ください。